楽天市場のお得情報を中心に発信します

グーグルアドセンス合格のためにたった1つ心がけたこと

Googleアドセンス、昨年に比べて審査が厳しくなったという話を聞きます。
私はブログははじめてひと月も経っていないいわば素人です。
PV数や記事数もまだ多くありません。

しかし私は2020年5月3日にブログをスタートして(ワードプレス)、20記事を書いた6月1日にアドセンス申請、2日後の6月3日には審査合格のメールがきました。

審査基準は正直なところ、グーグルにしかわかりません。
しかし、私は多くの方々のブログを拝見し、審査合格には、たった一つのことが重要ではないかと考えました。
そのことを記したいと思います。

目次

グーグルアドセンス合格のためにたった1つ心がけたこと

それはグーグルがアドセンス審査のために掲げている要件を全て満たすということです。
その中には、PV数や記事数も要件となっておりません。他の広告やアフリエイトを掲載してはダメだとも書いてありません。

アドセンス審査合格のため絶対必要なこと、それは、「AdSenseの資格要件に沿った内容とすること」です。

AdSense の要件←こちらを参照

もし、これから申請される方やまだ合格されていない方でこの要件を見たことがない方がいらっしゃれば、上記の要件をすぐ見た方がよいです。
すなわち、どんなに良い記事を書いてもPV数があっても、この条件を満たさない限り審査に合格することはないと考えられます。

このページを見ると、下記の要件が必要です。

1 一から作った独自のコンテンツを所有していますか?
2 コンテンツは AdSense プログラム ポリシーに準拠していますか?
3 18 歳以上ですか。

一から作った独自のコンテンツを所有していますか?

これには、次の3つの基準があります。

①他にはない魅力があるか
②操作が簡単でわかりやすくなっているか
③興味を引く独自のコンテンツがあるか

操作性についてはおそらく人によって大差はなく、オリジナリティがあるか、ブログのコピーや引用が多い記事、自分の経験でも一般論を述べる記事は審査に通らない可能性があります。
私は審査に通るため、なるべく他の記事は引用せず、コピーと判断されないよう、自分の言葉で記事を書くように努めました。

コンテンツは AdSense プログラム ポリシーに準拠していますか?

AdSenseプログラムポリシーには、広告主やGoogleに不利益にならないようにポリシーが定められています。
例えば、違法なコンテンツや知的財産権の侵害などがこれにあたります。これも多くの人は問題ないと思われます。(アフリエイトの画像がポリシー違反に該当する可能性はあります。)

18歳以上ですか?

18歳以上の申し込みが審査対象ということが利用規約に定められています。
保護者のアカウントを使用して AdSenseに申し込んでもらうことも可能です。

まとめ

重要なのは1のオリジナリティだと思います。記事のコピーや引用が多いとAI機能でひっかかってしまうことが想定されます。PV数や記事数よりも、AdSenseの資格要件に満たしているかが重要と考えます。

例えば、10記事書いたとしても、コピペ中心のオリジナリティに欠けたブログだと審査に通りません。ブログ開設1年経っていたとしても、コンテンツポリシーに違反していたら、審査に通りません。

ネット検索すると、「アドセンス合格するには」という記事が沢山ありますが、上記のとおりグーグルの定めた要件に従っているかが何より重要と考えます。

ぴろやん
ぴろやん

ブログを書いているのはぴろやんです

これまでサラリーマンとして、海外や国内で多忙な日々を過ごしてきました。これからは仕事以外にも目を向け残りの人生をより楽しく過ごしていくため、ブログを書いています。よろしければツイッターのフォロー、お願いします! ツイッター

コメント

コメントする

目次
閉じる