楽天市場のお得情報を中心に発信します

海外駐在員に選ばれるための戦略とプロセス

駐在になるための最も近道は、日系大手グローバル企業へ就職です。
大手ですと、海外拠点の数も多いですし、手当もしっかりもらえます。
しかし、新卒入社ですとグローバル企業に就職したからといってどこに配属されるかわかりません。海外駐在員は社員の割合でいえば、わずかな数でしかありません。
そこで、会社に入ってから海外駐在員になるための戦略とプロセスを、以下のとおりまとめました。

目次

海外駐在員に選ばれるための戦略とプロセス

入社面接時からいずれは海外勤務希望と伝えておく

最初の部署でいきなり海外部署に配属される新人はまれです。
ですが、入社面接で海外希望であることを伝えておくことで、人事の記録にはそういった希望があることが残ります。
会社に入るタイミングで、「海外で働きたい」という希望を明確に伝えておくことで、駐在に一歩近づくと考えてください。

海外事業に関わる仕事をする部に異動希望を出す

海外と関わりのある部署では、国外の事務所や企業と日常的にやりとりをしており、海外の仕事の進め方や商慣習の違いなどを実務面で経験することができます。
本社勤務時に担当していた国とは違う国へ異動ということもありますが、海外駐在は、こうした実務経験をしている部署から選ばれるのが常です。
関係のない部署から突然海外に赴任するということは絶対ないとは言えませんがまずありません。海外事業に関係のある部署に異動することは海外駐在への重要なステップです。

評価されやすいよう能力を上げておく

海外駐在はその時々の情勢や会社の意向で展開が変わってしまうので、海外駐在員になる確実な方法はないです。
それでも「評価されやすい実績を作っておく」のは、ステップとしては欠かせません。

まず英語力は、駐在員候補として選ばれるための能力として必須なものとして挙げられます。
駐在員になると語学力はどうしても必要です。最低限ある程度仕事に困らないコミュケーションができる必要があります。
私は現在の会社に入社して海外チームの仕事をしてきましたが、実際赴任して業務時間の全てを英語で過ごすのは想像を大変でした。
しかし英語を磨いていたからこそ何とかなりました。語学力は短期間で取得しにくいので、日頃から勉強しておくことが重要です。これは赴任した後も実感しました。

では、そういった部署に異動するにはどうしたらよいか、ズバリ、英語力をアピールすることが一番の近道です。
英語力をアピールするにはどうしたらよいか、日頃英語を勉強していることを会社のメンバーに話す、資格で高得点をとって人事調書に書き続けることに尽きます。

TOEIC対策にオススメな英会話スクール【10選】(参考記事)

海外人事を握っているステークホルダーと親しくなる

最終的には海外関係部署の人事権を持った人に知ってもらうことが必要です。

海外拠点と関係のある部署に異動したら、ここからが勝負です。
駐在員の交代のタイミングで誰を選ぶかは、部署の役職者で、人事権を握っている人に選んでもらわなくてはなりません。
そこで、自分は海外駐在員を希望していて駐在に向いている、と思ってもらうことが重要です。
夜の宴席で柔軟に会話し対応することも、ポイントです。ステークホルダーが参加する飲み会には積極的に出席し、「コイツいいな」と思わせるようにしましょう。

ここまで話すと、「なんだ、やっぱり最後は運なんだね」と思ったあなた、そうではないんです(キリッ)。駐在員を希望している人間が海外部署に異動になるのはすごく有利です。数ある部署の中で海外部署に異動できたこの時点で、海外駐在は8割方決まったようなものです。

ただ、それでも絶対はないし、タイミングを逃して人選から漏れると、次がないこともあります。
人事権を持っているステークホテルダーに選んでもらうこと、最後の詰めはしっかり行う必要があるのです。

まとめ

  1. 入社面接時からいずれは海外勤務希望と伝えておく
  2. 海外事業に関わる仕事をする部に異動希望を出す
  3. 評価されやすいよう能力を上げておく
  4. 海外人事を握っているステークホルダーに選んでもらう

内示のタイミング

正式な内示はかなり直前、二か月前くらいでしょう。
ただし、決まる場合には、半年前には話がくると考えてください。
海外人事は、現地に赴任している前任者の帰任など、早くから準備をしなければなりません。
おそらく半年前くらいのタイミングでステークホルダー、または直属の上司から打診があるはずです。これが事実上の内示です。

内示後のスケジュール

かなりあわただしくなります。会社によっては、語学研修を用意してくれます。
簡単に言うと、会社の費用で語学学校に通わせてくれます。ひと月60コマくらいが目安です。
そして、現地の住居決め、ビザ手続き、持っていくものの輸送など語学研修と合わせて、赴任直前ひと月半くらいで準備します。

最後に

海外に赴任すると、柔軟性や精神面のコントロールが重要になってきます。赴任先では日本での役職が平でもマネージャーになったり役職が上がる場合が多いです。
そうした中、現地と本社の板挟みにあったり、日本とは違う優先順位や仕組みの中で臨機応変に働くことが求められます。しかし、これらの経験も駐在経験として、あなたの今後のキャリア形成にプラスに働きます。

海外駐在を実現するためには、「海外駐在に行きたい」というやる気と「評価される能力を備えておく」、すなわち会社員になってからも勉強していくことが重要であることを何よりお伝えしたいです。

本記事が海外駐在を目指す方に、少しでもお役に立ったらうれしいです。

前の記事  次の記事

ブログを書いているのはぴろやんです 

これまでサラリーマンとして、海外や国内で仕事してきました。発信しながら多くの人とつながり、人生を楽しく過ごしていくため、ブログを書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる