楽天市場のお得情報を中心に発信します

帰国後の駐在員のキャリアを考える

目次

帰国後の駐在員のキャリアを考える

帰国後の会社でのポジションに疑問を感じる

駐在を経験して帰任した後も、日本にいた時と似たような役割に戻る人も多いです。
自身のポストが確保されておらず、評価を受ける仕事をすることが難しいと感じてしまう場合もあります。人によっては、キャリアダウンしたと感じる人もいるでしょう。
企業は、専門のプロパーを育成しようとはしません。海外駐在から帰っても、会社なりに考えて別の部署に配属することも多いのです。


そのため、帰国後、別部署に配属になると、当然ながら海外で培ったスキルもすぐには活かせません。こうした駐在員の帰国後のミスマッチはよく起こることです。今回は、社内でキャリアアップを図るべきか、転職して自分のキャリアを伸ばすべきか、両面から考察します。

2つの視点・キャリアを考える

  1. 会社内での自分のキャリア
  2. 転職市場での自分のキャリア

社内での自身の方向性を決める

海外から帰国すると、自分の経験を活かしたいと思った人はキャリアを生かせないと感じてしまう場合が多いです。でも、実際は、会社の役員をみても、海外経験だけの人は少なく、営業や財務、企画など幅広い経験を積んだ人が幹部になっています。

すなわち会社で幹部を目指すなら、幅広い経験を積んでおくべきです。

また、最近はワークライフバランスを重視して、会社でのポストや立場にこだわらない選択をする人も増えてきています。

帰国後のポストも将来に向けたステップととらえて上を目指す、あるいは、自身のワークライフバランスを考えて、会社に籍をおいておくという考えもありますね。

海外で培ったスキルを活かしていくため「転職」

一方、色々な国で海外駐在を続けたい、海外で培ったスキルを専門的に生かして活きたい場合は、駐在を希望していくか、転職することになります。

数か国駐在を経験して、その会社の仕事の大半を駐在で過ごすというプランを立てる人もいます。しかしこの場合も、会社の業績や人事のタイミングなどにより変わり得ますし、決めるのは会社です。自分がどんなにそのコースを希望しても、決めるのは会社です。

自分で決定して海外の仕事をしたいという場合は「転職」の道を選ぶのがよいでしょう。

せっかく海外で築いた知見・経験が活かせない仕事になってしまうのは、正直もったいないですね。
会社としても本社のポジションにも限りがあったりするので、ある意味仕方がないのかもしれません。帰国後自分の駐在経験を活かしたいという思いから転職行動に進む人も少なからずいるのです。

一歩会社を出るとその経験を求める企業がいる

企業は自社の今後の海外事業展開にマッチする経験者、即戦力をスカウトやヘッドハントをしています。中小・中堅ほど、人材不足の課題があります。駐在経験のある人材はまだまだ限られているため、企業は駐在経験があり語学スキルのある人材を高く評価してくれる傾向があります。
転職により給与がアップするケースも珍しくはありません。

一歩会社を出るとその経験を求める企業がいるという点を意識しましょう。

キャリアは自分が決定する

競争はどの会社でもあります。
戻ってみたら同期の方が昇進していた、ということもあります。

でも海外で経験し、培った仕事はどの事業においても有用なことが多いため、求められるスキルさえ持っていれば、どの場面でも活かせると思います。

今の会社で自分の強みを活かせる部署を探すのも1つの方法です。
まずは、自分ができること、すべきことを確認してみましょう。

海外で得たスキルを活かせる仕事はたくさんあるはずです。つまり、今自分が社内でどうすべきか、持っているスキルをどのように使うかを考えるのです。自分がより楽しく、満足していける道が社内にあるか、社外にあるか、自分にとって一番の方法を探しましょう。

私は色々な可能性を探りたいため、転職エージェントや転職サイトに登録し、いくつかの企業とコンタクトをとっています。社内に残ってステップアップしていく、転職市場でキャリア形成していく、色々な選択肢はもっておくのは重要です。以下は私が登録したり活用している転職エージェントや転職サイトになります。

私が利用した転職エージェント・転職サイト

海外勤務者への求人が多い.ビズリーチ

ビズリーチは、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化した転職サービスです。700万円以上の年収、多彩な企業や、ヘッドハンターからスカウトを受けられることが特徴。

CAREERCARVER

ハイクラス専門のヘッドハンターへキャリアの相談ができます。 ヘッドハンター数600名 年収800万円以上の求人 約28,000件。 非公開求人情報など会員限定の情報を閲覧できます。

ハイクラス限定の転職サイト「CAREERCARVER」

JACリクルートメント

『 JACリクルートメント』は先日利用し、さっそく2社ご紹介いただきました。プロのコンサルタントがキャリア相談や海外求人紹介をしてくれます。その海外求人を見ながら、足りないスキルや実績を、教えてくれます。そのスキルや実績を、自主学習なり、現職で磨いていくと、効率が良いです。

JACリクルートメントは外資系やグローバル、海外といった分野ではトップクラスの転職エージェントです。最近は「若手ハイクラス」など、利用者層も広がっていることから、まずはトライしてみると良いですね。海外駐在だけでなく、年収アップやキャリアアップのアドバイスや求人紹介もしてくれます。
会員登録・利用とも無料で、勧誘もないので大丈夫です。

マイナビエージェント

キャリアが浅くてもフォローしてくれるのが『マイナビエージェント』です。在籍年数がまだ浅い若手でも、しっかり対応してくれるとの定評があります。
転職サイト「マイナビ転職」の転職エージェント版で、意外と良い求人があります。

doda

転職サイトの『doda』は求人の量と質ともに満足度の高い転職サイトでした。転職サイトだけでなく、転職エージェント機能もあるため、転職サイトdodaで求人を探して、転職エージェントから応募するのがおすすめです。
中でも転職サイトの中にある「転職人気企業ランキング」は参考になるので一見の価値ありです。

リクナビNEXT

転職サイトの『リクナビNEXT』には「履歴書」と「職務経歴書」を無料で作成できるツールがあります。リクナビNEXTは転職サイトと違って経歴書に転職サイトのロゴが入らないのでおすすめです。ワードとエクセルへ出力できるので、便利です。
最大手の転職サイトとあって、新着求人数は毎週1,000件を超えて多いので私は「スカウト機能」を利用してます。
DMで非公開求人のスカウトを受け取り、リクナビNEXTのサイト上で「人気求人ランキング」を見ると良いです。求人の数が多いだけあって、稀に良い求人を発見できます。

前の記事  次の記事

ブログを書いているのはぴろやんです 

これまでサラリーマンとして、海外や国内で仕事してきました。発信しながら多くの人とつながり、人生を楽しく過ごしていくため、ブログを書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる