楽天市場のお得情報を中心に発信します

「定期借家」って何? 

のアイコン画像

定期借家って言葉を聞いたけど、普通の借家契約と違うの?

本来の借家契約、普通の借家契約では、自宅をいったん貸し出した場合、貸主からの解約は、正当な事由がなければ認められていません。すなわち、一度家を貸してしまうと、借主が自主的に退去するまで契約を解除することが難しくなっています。このため、転勤や引っ越しをしても借家にせずに空き家のままにする人が多く社会問題化しました。

そこで、2000年3月に特別措置法の「定期借家制度」が導入され、一定の契約期間に達したら契約が終了する借家制度ができました。
定期借家は、期間を限定して賃貸契約を結ぶ制度です。賃貸住宅を供給されやすくなることを目的に導入されたものです。

目次

「定期借家」って何? 

「定期借家契約」って何?

のアイコン画像

う~ん、でも具体的にどう違うの?

同一の物件に住み続けられる「普通借家」と、決められた期間内で契約する「定期借家」は異なります。

「定期借家契約」の賃貸物件とは、契約期間を予め決めておく賃貸借契約です。契約期間満了になると契約が終了します。もっとも貸主と借主の双方の合意があれば再契約が可能です。

【関連記事】急な転勤 持ち家はどうする?「留守宅」として賃貸に出すのがおすすめ

貸し主側が「定期借家」にする理由は?

例えば、持ち家のある方が転勤で家を一時的に離れるため、不在期間に貸し出すことで賃料を住宅ローンの支払いに充てることができます。
最近では遠方の実家が空き家になり、自分が住み継ぐまで、「定期借家」として活用するケースも増えているようです。

定期借家契約は、数年後に貸主がその家に再び住むことを前提にした契約です。

「定期借家」物件に住むメリット

  • 家賃を通常より安く抑えられる(期間が限られているため、家賃が相場よりも低く設定されていることがあり、入居者が好条件で借りられる可能性が高い)
  • 新しい住宅に住める可能性がある(所有者が居住目的で購入した戸建てや分譲マンションが貸し出されるケースが多いため、市場に出回らない比較的新しい住宅が多いです)

「定期借家」契約の借主側の注意点

・中途解約ができないケースに注意
 「定期借家契約」では、途中で解約をすることができないのが原則です。
 解約した場合、残りの期間の家賃支払いや違約金支払い義務が発生します。
・再契約には貸主側の合意が必要
 契約期間以降も継続して住み続けたい場合は、再契約には貸主と借主双方の合意が必要です。

「定期借家」契約の貸主側の注意点

・通常より家賃が安くなる
 借主側の制約があるため、通常より家賃は低く設定されます。
・一般契約に比べ借り手が限定的
 数年後に出ていかなければならない契約は借主からすると不利な契約であるため、一般的な契約と比べ借り手は限定的になります。
・数年後に契約を終了するという制度とニーズ、実態との乖離
 定期借家制度が貸主側の利益に沿って制度設計されているため、その土地に一定期間住み、生活にも慣れた借主側が退去しなければならないというのは借主側にとって酷な制度です。制度とニーズ、実態が合っていない面は否定できません。借主が再契約を希望した場合、貸主としては退去してほしいとは言いづらい側面があります。

【関連記事】リロケーションとは?海外駐在や転勤、実家の管理等に活用

まとめ

  • 転勤後にまた戻ってきて持ち家に住む場合は定期借家契約を活用できる
  • 家賃は相場より安くなる。
  • 契約期間内に解約した場合残り期間の家賃支払い義務または違約金が発生する。
  • 再契約は、貸主が合意すれば可能(定期借家契約ではなく一般の普通賃貸借契約を結びなおすことも可能)
  • 築き上げたコミュニティなどから契約期間満了後も引き続き住むことを希望する借主も多い。

如何でしたでしょうか。定期借家契約は貸主側の保護が強い制度です。

言い換えると、その分借主側の制約があるため家賃が低く設定されたり、借り手が見つかりづらい側面がありますよね。

転勤から戻ったら確実に元の自宅に住みたい場合は定期借家契約を結んだ方がよいでしょう。

しかし、そこまで思い入れがないのであれば普通賃貸借契約も含めて弾力的に検討するのがよいのではないでしょうか。

前の記事  次の記事

ブログを書いているのはぴろやんです 

これまで国内や海外で仕事してきました。発信しながら多くの人とつながり、人生を楽しく過ごしていくため、ブログを書いていきたいと思います。

コメント

コメントする

目次
閉じる