楽天市場のお得情報を中心に発信します

メルカリ出品 購入時の謎ルール

目次

メルカリ出品 購入時の謎ルール

ぴろやんもメルカリはじめたの?

恥ずかしながらこの歳になってはじめたよ。メルカリには謎ルールが多くて初心者には戸惑うことも多いね。

メルカリをはじめたばかりの人は、戸惑うことも多いのではないでしょうか。今回はメルカリを始めた時に戸惑うメルカリルールの解説、対処法などをまとめました。

購入時の謎ルール

「即購入不可」「プロフ必読」

出品者は購入してもらうために出品しているはずなんですが、なぜか商品説明欄に「即購入不可」という謎の説明書きが掲載されています。
その場合、「プロフ必読」というまたまた謎の説明もあります。

これはどういうことか、その出品者のプロフィール画面を見ると、色々なフリマサイトなどに同時出品している人が、例えば、同じ商品をヤフオクやラクマにも出品していて、ヤフオクで売れた後にまだメルカリの出品がそのままになっているような場合、その商品を購入しても、もう売れていてない、買うことができないよ、だから、買う前に「商品ありますかというコメントしてください」ということのようです。

あるいは、「海外から取り寄せるので、届くまで2週間くらいかかるので、その旨を理解して購入してほしい」とプロフィールで説明している場合もあります。
でも、これ、メルカリでは無在庫出品は禁止されてますよね。事務局に見つかったらアカウント停止になりますね。

「〇〇さん専用」

買おうと思ってチェックしていた商品が突然消えて「〇〇さん専用」という商品が表れることがあります。
これは、購入者が値下げ交渉をして出品者が了解した場合、いったん出品を取り消して、その人に買ってもらうために「〇〇さん専用」として再出品することです。
ただ、これはメルカリのルールにないので、「〇〇さん専用」と表記されていたからといって、他の人が購入してもメルカリルール上は問題ないです。

出品時に戸惑うルール

「オファー」

初めて出品すると突然「オファー」というものがきたりします。これは購入者が値下げした価格で買いたいことを出品者に申し出るもので、コメント欄ではなく出品者のお知らせ欄に届きます。出品者が了解すれば、オフャー成立となります。少し高めに価格設定して出品するとオファーを受けやすいと思います。

「半値以下の値引き交渉」

市場価格の半値以下でいきなり値下げ交渉してくる人がいます。これは、他の購入者の適正価格での購入意欲をある意味そぐので、出品者としては、あまり気持ちのよいものではありませんね。
同じ人がなぜか別の商品でも強烈な値下げ交渉をしてくることもあります。こういう場合、私は2回同じことがあれば、ブロックして対処するようにしています。

まとめ

  • 「即購入不可」⇒ヤフオクなどにも同時出品しているため、既に他のフリマで売却済みの場合は購入できない。そのため、購入する前にコメントで買えるか確認してほしい。
  • 「プロフ必読」⇒出品者が決めたルールを事前に読んでおいてほしい。
    購入後海外から発送する無在庫販売の場合もある。
  • 「オファー」⇒購入者からの値下げ交渉の申し出。出品者が応諾すれば売買成立
  • 「非常識な指値」⇒複数やる人にはブロックで対処

メルカリを副業に活用

メルカリは、不用品を売ったり、必要な物を買ったりするだけでなく、輸入した物をメルカリで売る、メルカリで買ったものをamazonで高く売るなど、ネットビジネス、副業の場としても、人気を博しています。
サラリーマンは、年間20万円利益を出すと確定申告が必要になりますね。

この点、院卒栄養士ブロガーのそらさんが確定申告をわかりやすく解説してくれています。参考にしてみてください。

ブログを書いているのはぴろやんです 

ぴろやんです

これまでサラリーマンとして、海外や国内で仕事してきました。発信しながら多くの人とつながり、人生を楽しく過ごしていくため、ブログを書き始めました。ツイッターでも投稿してます(^^)

ツイッター

コメント

コメントする

目次
閉じる