楽天市場のお得情報を中心に発信します

メルカリ 気を付けたい詐欺

ども、ぴろやんです。

メルカリは、アプリも使いやすいし、安く買えるので重宝しています。

一方、メルカリは、個人間の取引を仲介するもので、業者が取引することは禁止されています。

しかし、最近では、業者らしい人が入ってきているのが散見されるほか、中国人セラーの参入も指摘されています。

目次

メルカリ 気を付けたい詐欺

のアイコン画像

メルカリはシステムがシンプルで、使い勝手がよいのよね~♪

メルカリで商品を購入して、「受取評価」をしてしまうと、取引がそこで完全に終了してしまいます。

出品者側には入金が瞬時にされるわけです。

出品者が詐欺師だった場合、出金されるとお金は戻ってきません。

今回はメルカリのシステムを悪用した詐欺を紹介したいと思います。

これから年末に向けて物を買う機会も多くなると思いますが、一人でもこうした詐欺に合わないことを願います。

1 Padyを使った詐欺

Padyを使った詐欺被害が報告されています。

この手口は、以下のようなものです。

STEP
メルカリの配送方法を「未定」にして出品。購入者が商品を購入すると「氏名や住所」が出品者に通知される
STEP
詐欺師である出品者は、購入者の氏名住所を使い、「Pady後払い」でメルカリで購入された同じ商品をAmazonで注文
STEP
後日メルカリで注文した同じ商品がAmazonから購入者宅に届く
STEP
購入者はメルカリで購入した同じ商品が届いたので疑うことなく、すぐに受取評価をする
STEP
詐欺師である出品者に購入代金が支払われ、後日Padyから購入者に請求がくる

これは、購入者に二重払いをさせる詐欺です

犯罪者の摘発はされていません。日本の口座を持つ中国本土の集団が詐欺を仕掛けているとの指摘もあります。

2 いつまでも商品が届かない

続いてこちらもメルカリのシステムを悪用した詐欺です。

STEP
発送通知はあったが、商品が届かない
STEP
10日後、自動的に取引完了となり、出品者に代金が支払われる

発送通知はあったものの、いつまでも商品が届かない場合、注意が必要です。

商品が届かない場合、ただ待っているだけではなくメルカリに確認するなど状況を確認しましょう。

メルカリのシステムでは、発送通知がされてから、10日経過すると取引が自動的に完了し、出品者に入金されます。

これは商品が実際送られているかどうかに関わらず、機械的に行われます。

出品者が詐欺師だった場合、商品を送らずに発送通知だけして代金が入金されたらドロンです。

発送通知があって1週間経っても商品が届かない場合、メルカリに連絡するようにしましょう。

3 こうした詐欺を防ぐために

評価の高い出品者から購入する

こうした詐欺に合わないためには、評価の高い出品者から購入することをおすすめします。

なかなか手に入らないゲーム機本体などが安く出品されている場合は要注意です。

新規アカウントだと怪しさは倍増します。

すぐに受取評価をしない

商品が届いてもすぐに受取評価せず、商品の発送元や商品自体も必ず確認しましょう。

これから年末にかけ、取引がもっとも多くなる時期なので詐欺師や犯罪者集団が出品者に紛れてくる可能性も高くなります。

購入する際は十分留意しましょう。

4 その他

余談ですが、メルカリの匿名発送で仕入れして、転売するのは古物営業法違反になります。

せどりをしている方は注意が必要です。

また、メルカリは個人間取引ですので、新品であっても、中古品になります。

匿名発送ではない商品を転売する場合であっても、古物営業法の免許が必要になります。

古物営業法については、こちらの記事で解説しています。

ホームはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる