楽天市場のお得情報を中心に発信します

楽天ポイント投資をやってみた

資産運用については、インデックス投資と不動産投資がよい旨を前回解説しました。

【関連記事】億り人になる方法 (続編)

目次

楽天ポイント投資をやってみた

初心者が株やFXで利益を上げるのは至難の業です。上がっている株をみて、もっと上がると思って買ったら、減益決算発表で高値掴みなんてことになりかねません。投資は一度失敗すると再起するまで時間がかかります。

その点、「インデックス投資」を「ドルコスト平均」で、毎月一定額を購入していくのがよいです。また、投資は薄く広くやるのが安全ですね。

【関連記事】米国配当株ETF「SPYD」定期購入をおすすめする理由

この点、「eMAXISSlim」という投資信託は、全世界の株式や債券を対象としているもので、対象は幅広いです。これから投資をはじめるという方は米国ETFのほか、「eMAXISSlim」投信を検討対象に入れるとよいですね。一つの国や地域の事情で左右されませんので、より安心できます。

楽天「ポイント投資」

すいません、前置きが長くなってしまいました。サラリーマンのぴろやんです。今回はインデックスをスタートさせるのにちょうどよい投資方法を紹介します。

楽天ポイント投資の紹介になります。
みなさんも楽天市場で買い物はされたことあると思います。結構なポイントつきますよね。私も楽天でよく買い物しますが、ポイントの使い道に悩むんですよね。結局ポイント消化のためにそれほど買いたくもない物買っちゃったりすることもあります(汗)。

楽天ポイント投資のすすめ

楽天証券では、楽天市場のポイントで投信を買うことができます。楽天ポイントを有効活用できますし、お金を出すことなく、ポイントで投信ができちゃうんですよね。この仕組みは結構大きいと思います。
先日、貯まった楽天ポイントで楽天証券の「eMAXISSlim」投信を買ってみました。これからは毎月ポイントで投信を買っていこうと思います。上述のとおり楽天証券では、楽天市場のポイントで投信を買うことができます。

2種類の楽天ポイントコース

楽天証券には2種類のコースがあります。

  1. 楽天ポイント投資(スーパーポイント投資)
  2. 楽天証券ポイント投資

ポイントを使えるようにするには、(1)の楽天ポイント投資を選んでください。

楽天ポイント投資の特徴

・投資信託は100ポイント(100円)の少額から始められる
・ポイントの積立投資が可能
・NISAやつみたてNISAに対応
・SPUが1倍
・楽天カード決済で投資信託の積立もできる

投資信託の場合は100円の少額から投資可能で、楽天ポイントを使って投資未経験者でもお試し感覚で始めることができます。


またポイントを積み立てることもできるので、毎月500円単位で少しずつ投資信託を買い増すことも。少しずつ買い増す、という手法は投資の王道ドルコスト平均法のように、平均購入価格を下げることにも繋がりやすいです。楽天ポイントが月にどれくらい貯まっているかによって毎月の購入額を設定しましょう。
楽天のポイント投資はNISAにも対応しているため、運用益の税制優遇を受けることも可能です。まだNISA口座を活用していない、という人はポイント投資をきっかけに利用してみるのもひとつの手だろう。

さらに、楽天証券で500円以上ポイント投資をするとSPUが1倍になります。例えば、楽天市場で15000円の買い物をすると150ポイントついてきます。

楽天カードの利用でポイントがさらに貯まりやすく

楽天カードで買い物するとポイントはつきやすくなります。さらに、楽天証券では、楽天カードの決済で投信や株を買うことができます。楽天カードを持っている方はこうした点も考慮してみては如何でしょうか。

  • 楽天ポイントは、楽天カードをうまく活用するだけでポイントが3倍になったりするので貯まりやすくなる。
  • カードで株を買えるのは証券会社でも珍しい。

楽天証券ポイント投資のやり方

楽天証券で投資信託を購入するまでの手順を紹介します。

  1. 楽天証券にログイン
  2. ポイント投資のメニューに移動
  3. 「投資信託」を選択
  4. ポイント投資の画面から「投資信託でポイント投資をする」を選ぶ 
  5. 購入する投資信託の銘柄を選ぶ
  6. eMAXISSlim投信全世界ファンドを選ぶ
  7. 目論見書の確認
  8. 買付金額をいくら分購入するか数量を入力
  9. ポイント利用(すべて楽天ポイントで投資信託を購入することも可能で、一部現金を併用することも可能)
  10. 分配金コース その銘柄が支払う分配金を「受け取る」のか、「分配金を再投資するのか(その銘柄の投資資金に充てるのか)」を選択する。(再分配を選んだ方がよい)
  11. 口座区分 「特定口座」と「一般口座」の2種類から選ぶ。(特定口座のなかでも「源泉徴収あり」を選んだ場合、証券会社が投資信託の利益に関する税金を処理するため、原則確定申告を行う必要がない。)
  12. 目論見書を確認したら、ボックスにチェックを入れる
  13. 最終確認画面で、「取引暗証番号」を入力し買い注文が完了

まとめ

  • 楽天証券は楽天ポイントで投資ができる
  • 少額100円からはじめられる
  • 積立やNISAも可能
  • 楽天カードで決済して投資ができる
  • 500円以上ポイント投資をするとSPUが1倍

ポイントお使ってコツコツ積み上げていきましょう。まだ資産運用したことがない方はは、楽天ポイントを使ってインデックスをスタートするとよいのではないでしょうか。

前の記事  次の記事

ブログを書いているのはぴろやんです 

これまで国内や海外で仕事してきました。発信しながら多くの人とつながり、人生を楽しく過ごしていくため、ブログを書いていきたいと思います。

コメント

コメントする

目次
閉じる