楽天市場のお得情報を中心に発信します

リロケーションとは?海外駐在や転勤、実家の管理等に活用

目次

リロケーションとは?海外駐在や転勤、実家の管理等に活用

リロケーションサービスとは?

海外赴任や転勤で一時的に自宅を離れることになった場合、空き家にするか賃貸に出すか選択することになります。しかし、自宅を貸すとなると、賃貸運営の手間など何かと気になるるものです。この点、色々な手間を代行してくれるのが、「リロケーションサービス」です。リロケーションサービスとはどのようなものか、メリットや費用について解説していきます。

リロケーションサービスとは、転勤などの理由で一時的に留守になる自宅を一定期間貸し出したり家賃管理をしたりする運営を代行するサービスをいいます。入居者の募集や賃貸契約の代行、家賃の回収、クレーム処理、退去時の敷金返還などの賃貸管理業務を、管理会社に一切代行を依頼するサービスです。

リロケーションサービスが注目されはじめたのは

リロケーションサービスが注目を集め、活用されるようになった背景には、定期借家制度が導入されたことにあります。

【関連記事】「定期借家」って何? 

転勤で家主が不在になる場合など、期間満了をもって借家契約を終了する契約を結べるようになりました。定期借家契約が導入されたことで、一定期間自宅を貸し出しやすい環境が整いました。今でではリロケーションサービスを専門とする会社もいくつかあり、賃貸運営の代行を依頼することも可能です。

リロケーションサービスを活用するケース

リロケーションサービスの利用に適しているのは、海外駐在や遠方の地方に転勤になるなどの場合です。自宅から近い場所に住むのであれば、自身で不動産会社に仲介を依頼して、借主を見つけて管理をすれば良いため、リロケーションサービスを使わなくても自宅を貸し出すことが可能です。家賃回収やクレーム処理など賃貸管理業務の一部を任せたいのであれば、通常の不動産賃貸管理サービスを利用する方法もあります。

それでは、リロケーションサービスを利用する代表的な場面をみていきましょう。

海外赴任・遠方への転勤

リロケーションサービスを利用する代表的なケースとしてまず挙げられるのは、海外赴任をはじめとする遠方への転勤です。転勤となる期間は流動的なことも多く、賃貸契約の期間をどのように設定すべきか、悩むことも少なくありません。こうした場合、リロケーションのノウハウがある専門会社に依頼すると、賃貸契約期間の対応や賃料の滞納時の対応、入居期間中の修理手配や費用の支払い、入居者からのクレーム対応など、不動産賃貸管理の一切を任せることができます。
海外駐在の場合、非居住者となるため、住民税はかかりませんが、賃貸収入など日本国内の収入は確定申告しなければなりません。これも代行会社を通じて納税管理人を定めることで、納税分を引き去りや申告など管理を依頼できます。

【関連記事】急な転勤 持ち家はどうする?「留守宅」として賃貸に出すのがおすすめ

実家の留守宅管理

親が高齢で介護施設に入居したり、自宅を長期間離れるような場合にも、リロケーションサービスを利用できます。思い入れのある実家を売却することに、親御さんもためらいがある場合、自宅を売却せずにリロケーションサービスを利用することで、将来的に実家に戻るという選択肢を残すことができます。長期間にわたり空き家にしていると、湿気で壁紙が剥がれたり、水道管の水がよどんでしまったり、給湯器に不具合が生じたりなど老朽化が進みやすくなるため、実家のメンテナンスも兼ねられます。

相続した物件の活用

相続した家の賃貸管理にも、リロケーションサービスが利用できます。兄弟や相続人間で家や土地の活用の結論がでない場合に、まずはつなぎとして賃貸に出すものです。
また、いずれ引退したら実家に住みたいというケースもあります。更地にすると固定資産税が上がってしまうため、将来建て替えるまで賃貸をしながら家を残しておくケースも考えられます。

リロケーションサービスのメリット

賃貸業務一切の代行管理

リロケーションサービスを利用することで、入居者の募集や賃貸契約期間の対応、賃料滞納時の対応、入居期間中の修理手配や費用の支払い、入居者からのクレーム対応など、不動産賃貸管理の一切を任せることができます。

家賃収入を得ながら住宅管理ができる

家を空き家の状態にしてしまうと老朽化が進んでしまいやすくなり、室内にカビが生えたり、給排水管が腐敗したりといったケースも想定されます。また、チラシの散乱や、不法投棄被害を受けるなど、空き家が荒れた状態になると、近隣の住戸からクレームが来ることも考えられます。しかし、遠方に住んでいる場合、自身で足を運んで管理をするには手間がかかり、空き家管理サービスを利用するには費用がかかります。そこでリロケーションサービスを利用して住宅を貸し出せば、人が住まないことによる老朽化を防ぎ、住宅管理を兼ねることが可能となります。

住んでいない住宅であっても、所有していることで固定資産税がかかります。また、住宅ローンが残っている場合であれば、毎月の支払いが発生します。リロケーションサービスを利用して住宅を賃貸運用すれば、家賃収入を得て、税金やローン支払いに充てることが可能となります。

リロケーションサービスのデメリット

リロケーションサービスを利用すると、家賃収入を受け取ることができますが、サービス事業者に支払う費用が発生します。費用がかかることがデメリットに挙げられるでしょう。

サービス申込み時の着手金

リロケーションサービスの申し込み時には、着手金として管理委託申込料が発生します。一般的には1万円程度の申込料がかかります。

借主決定時にかかる手数料・保証金

入居者が決まるとリロケーションサービス事業者は賃貸借契約の手続きを代行して進めるため、契約事務手数料が発生します。契約事務手数料は一般的に賃料の約1ヶ月分です。さらに、賃料の約1ヶ月分を保証料として徴収されます。

毎月かかる管理手数料

リロケーションサービスの利用によって毎月かかる費用には、管理手数料があります。一般的に管理手数料は賃料の10%程度です。
また、送金手数料や物件の撮影料、1年ごとに賃料の半月分程度の更新料が発生する場合もあります。

まとめ

  • リロケーションサービスを利用すると、海外駐在や遠方に転勤した場合に賃貸業務の一切の代行を依頼できる
  • リロケーションサービスは、海外駐在や転勤、実家の管理、相続物件の賃貸など様々な用途で活用可能
  • 管理事業者の手数料や保証金、毎月の管理手数料などサービスを利用する費用が発生する

如何でしたでしょうか。海外赴任した場合は、自宅の管理や納税面もあり、自宅を賃貸に出す場合は、リロケーションサービスは有効な選択肢です。遠方への転勤や相続物件の管理など、活用場面は色々あるので、検討してみては如何でしょうか。

前の記事  次の記事

ブログを書いているのはぴろやんです 

これまで国内や海外で仕事してきました。発信しながら多くの人とつながり、人生を楽しく過ごしていくため、ブログを書いていきたいと思います。

コメント

コメントする

目次
閉じる