楽天市場のお得情報を中心に発信します

楽天銀行ルール変更に対抗する代替案 他行振込やATM出金を無料にする方法

前回記事でも紹介しましたが、公営競技の入金出金を繰り返すことにより、楽天銀行のハッピープログラムのスーパーVIPに簡単になることができ、振込などの無料回数を増やすことができました。

しかし、残念なことに2020年12月26日から楽天銀行が規約を改正し、公営競技の回数は月3回までしかカウント対象にならないことになりました。

そこで、今回は楽天銀行に代わり、住信SBIネット銀行を利用し、振込手数料を簡単に5回以上無料にする方法をご紹介します。

目次

楽天銀行ルール変更に対抗する代替案

住信SBIネット銀行

楽天銀行の代替として、住信SBIネット銀行である方法を使うと、簡単に月5回まで振込手数料を無料にすることができます。

他行宛の振り込みも110円~220円になりますので、繰り返すとバカになりません。

住信SBI銀行スマートプログラム

ランクATM他行振込
スーパーVIP15回15回
VIP7回7回
プレミアム5回5回
アドバンテスト2回1回

ここで紹介するのはスマートプログラムの「プレミアム」です。

次の3つの方法のうち2つを満たせば費用もかからず簡単にプレミアムになることができます。

①給与の受け取り口座を住信SBIネット銀行口座を指定

職場の給与の受け取り口座を住信SBIネット銀行の口座に指定するだけです。

ただ、会社によっては、振込口座として指定できない場合もあるかもしれません。

なお、住信SBIネット銀行の口座を持っていない方は、以下の紹介プログラムを使って口座開設いただくと、双方に500円が付与されます。

ff1037019966」のコードを入力して口座開設いただくと500円プレゼントされます。

キャンペーンの内容▼
住信SBIネット銀行では「ご紹介キャンペーン」を実施中。
口座開設及び対象となる条件を満たすと、特典として500ポイントプレゼント!

※口座開設をお申込みになる際は、”「ff」と数字からなる12桁のコードのご入力が必要です。
※特典のポイントは、住信SBIネット銀行のスマプロポイントです。

詳細はこちらをご確認ください。
https://www.netbk.co.jp/contents/campaign/invitation/201221/

<対象期間> 2020年12月21日(月)~2021年2月28日(日)

②SBIハイブリッド預金をする

SBIハイブリッド預金とは、住信SBIネット銀行とSBI証券との連携した預金です。

月末にハイブリッド預金が1円でも残高があれば対象になります。

つまり、住信SBI銀行の普通預金からSBIハイブリット預金に1円入金すれば対象になります。

SBI証券の口座が必要になります。

STEP
住信SBIネット銀行トップ画面から「円預金・仕組預金」をクリック
STEP
画面左側の「SBIハイブリッド預金」をクリック
STEP
画面下の「お申込み」をクリック
STEP
銀行口座、証券口座を「持っている」を選択
STEP
SBI証券サイトにジャンプするので、規約等承認し申し込み
STEP
住信SBIネット銀行トップ画面の「振替」から1円振り返る

SBI証券口座を開設されていない方は以下から開設してください。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

③外貨預金をする

これは、どこの国の通貨でもよいのですが、1単位あたりの安い通貨を選ぶとよいです。

ここでは、南アフリカのランドがオススメです。

1ランド7.2円です。

  • トップ画面から「外貨普通預金」をクリック
  • 買付通貨を「南アランド」選択
  • 注文方法を「ウィークエンド」を選択
  • 買付金額を8円に設定
  • 「確定する」をクリック

まとめ

3つの方法のうち2つをクリアするだけで、月5回まで他行への振込手数料、ATM出金手数料が無料になります。

①給与の受け取り口座を住信SBIネット銀行口座を指定
②SBIハイブリッド預金をする
③外貨預金をする

振込やATM出金もまともにやると、月1000円以上の出費になりますが、今回紹介した方法を使えば、費用も10円もかからずに無料にできます。

是非試してみてください。

コメント

コメントする

目次
閉じる