楽天市場のお得情報を中心に発信します

年間100万円以上節約する節約術

年間100万円節約ためのポイントとはどのようなものでしょうか。

まずはじめに、なぜ節約するのか目的を確認しておく必要があります。

「節約して資産運用するお金に回す」、「節約して他のことに使う」、別々のように見えますが、生活に安心とゆとりを持たせ、結果として人生の幸福度を高めることができるという意味では同義です。

すなわち、節約とは、人生にゆとりを持たせ幸福度を高めるために、お金を増やすことです。

目次

年間100万円以上節約する節約術

お金を貯めていくためには2つの方法があります。

以下順に説明していきますね。

お金を貯める方法

  1. 収入を増やす → (A)労働収入を増やす (B)非労働収入を増やす
  2. 支出を減らす → (C)固定費を減らす (D)変動費を減らす  

この点、お金を貯めるためには、上記②の「支出を減らす」方が、「収入を増やす」より圧倒的に簡単です。

労働収入は会社の業績や査定があり、自分の裁量でなかなか増やせるものではありません。

非労働収入として投資が挙げられますが、これも儲けられるようになるには勉強が必要です。

一方、「支出を減らすこと」は、どの支出を減らすか、自分の裁量で決められます。

そのため、「支出を減らすこと」の方が、「収入を増やすこと」よりはるかに簡単にできるのです。

節約のポイント

固定費を減らすことがまず第一になります。

固定費のうちでも大きなものから見直していくことになります。

スマホの見直し

スマホの通信費は固定費の中でも大きな支出の部類に入ると思います。

例えば、私が契約している楽天モバイルの場合、月5GB、通話料無料で月額2,980円です。

1年間は月額利用料も無料なので、現在は無料で利用しています。

これを大手キャリアauのスーパーかけ放題(5分間無料、データ5GB)と比較すると、

  • auスーパーかけ放題 : 月額7,680円
  • 楽天モバイル : 月額2,980円

になり、

格安SIMに変えることで、月額4,700円 年額56,400円の節約ができます。

楽天モバイルは、1年間無料や大型キャッシュバックをやっています。

私の紹介コード「W7NAVEtVvF6d」を入力いただくと、さらに2,000ポイント(2,000円分)のポイントバックがありますので、是非ご活用ください。

保険の見直し

保険料は1世帯年間40万円~70万円と言われていて固定費として大きなウェイトを占めています。

しかし、60歳までにがんなど病気で死ぬ人は実は統計上1%もいません。給与引き去りなどでこの保険料はあまり気にしない場合が多いですが、見直す余地が大きいのも保険です。

例えば独身者に高額な保険は必要ないでしょう。家族構成によって適切な保障なのか、あれもこれもと保障をつけすぎていないかなど確認し、給与の5%以下に抑えたいところです。

生命保険は今すぐ解約しましょう。

保険の見直しをすることで、月額35,000円 年額420,000円の節約ができます。

ポイントやキャッシュレスで生活する

私は楽天経済圏で生活しているので楽天スーパーポイントがかなり貯まります。

日用品など毎月決まったものを買い物して同じ額を払うのにも、楽天スーパーポイントが貯まるので、その分結果として節約になります。

貯まったスーパーポイントは楽天ペイで使えます。キャッシュレスは購入履歴を見れるので、家計簿代わりになります。さらに、コロナウイルス状況下では、非接触型のキャッシュレスは感染予防対策にもなります。

ポイント中心の生活に見直しをすることで、月額30,000円 年額360,000円の節約ができます。(SPU15倍の私の場合)

極力飲み会に参加しない

仕事上の付き合いなど無駄な飲み会は断りましょう。

付き合いは飲み会に出なくてもできます。

仮に飲み会に参加したとしても、一次会でサクッと帰るようにしましょう。

飲み会はお酒を飲んで話したい友人との会合だけに限定した方がよいです。

極力飲み会に参加しないことで、月額5,000円 年額60,000円の節約ができます。

上記は比較的無理なくできる節約です。

節約して生活にゆとりを持たせ、人生を豊かにしていきたいですね。

のアイコン画像

賢く節約して使えるお金に余裕を持ちましょう!

ホームはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる